商工会事業のご案内一覧

平成29年度清水町住宅等リフォーム助成金

清水町内の住宅、店舗を対象に、清水町内の施工業者を利用した場合に限り、工事費の10%(最大5万円)を助成します。

住宅・店舗リフォームの申請を行い、認定を受けた工事のみ助成の対象になります。 詳しくは続きをご覧ください。

平成29年度清水町住宅等リフォーム助成金を詳しく見る

相続・事業承継セミナー

相続・事業承継セミナー

2015年1月22日(木)18時から 清水町商工会館 2階会議室で、
相続・事業承継セミナーが開催されました。

第1部
「争続」にしない為の相続・資産承継対策
講師 税理士 小川 賢一 氏(あいわ税理士法人)

第2部
事業承継対策の全体像と留意するべきポイント
講師 税理士 齋藤 健浩 氏(あいわ税理士法人)

相続と事業承継の2部構成で、セミナー終了後、個別相談が実施されました。

相続・事業承継セミナーを詳しく見る

ものづくり企業のカオづくり経営

長泉町・清水町商工会工業建設合同講演会・交流会

「ものづくり企業のカオづくり経営」 講師 弓削 徹 氏

弓削 徹 氏二月七日(金)午後6時から、清水町商工会館で長泉町商工会と合同で建設・工業部会の合同講演会「ものづくり企業のカオづくり経営」を開催しました。 せっかく良い製品や技術、サービスを持っていても、黙っていては売れません。お客様へのPRなどを通じて積極的に訴えていかなければ、どんなに良いものを持っていても売り上げは決して伸びません。
今回は、製造業マーケティングの第一人者である弓削徹氏を講師に迎え、中小企業に合ったマーケティング手法を中心に、「感性」より「切実」、人はどんなものを切実に求めているか?を知ったうえで商品に価値を見出す。商品が売れるポイントは、その切実さと共に、「デザイン」・「キーワード」・「物語」この3つが重要なポイントで「デザイン」は、一瞬で伝わる即効性パッケージや工業デザイン、キャラクター。「キーワード」は、商品のネーミング、企業のスローガン、キャッチコピー。「物語」は、福岡めんたいこ ふくやさんを例に、創業期からの歴史やV字復活のストーリなど人々の心に残る物語で商品を覚えてもらう。引き合いがくる仕組みづくり。ツールとしてのインターネット活用、展示会の効果的な活用方法を研修しました。
講演の後は、枯山水に会場を移し、弓削先生にも同席頂き交流会を開催し、名刺交換や、各参加者、事業内容などを紹介して引き合いのきっかけ作りができ、良い交流会となりました。

ものづくり企業のカオづくり経営を詳しく見る

第2回清水町観光写真コンクール

第2回清水町観光写真コンクール

平成26年3月25日に審査会が開催され、最優秀賞他14点の作品が決まりました。

最優秀賞 「川霧湧く」 撮影者 高根美奈夫 氏
川霧湧く 高根美奈夫

優秀賞「観音札所第十番 観音堂前は石仏の宝庫」 撮影者 井戸 寛 氏
観音札所第十番 観音堂前は石仏の宝庫

’(受賞作品は随時、紹介していきます。)

講評:第1回目より個々の作品のレベルが上がってきており、良い作品が多かった。応募作品が風景に偏っていて、町の一大イベントである湧水まつり関連の作品がなかったのは残念。手筒花火の写真の応募があってもよかった。
 

 

 

 

第2回清水町観光写真コンクールを詳しく見る

SNSを活用した自社ブランディング

消費税転嫁対策事業セミナー

SNSを活用した自社ブランディングで集客力・顧客単価アップを図ろう!

平成25年12月9日(月)18時から、清水町商工会館で、(有)アイ・リンク・コンサルタント代表取締役・中小企業診断士 加藤 忠宏 氏を講師に迎えfacebook、web、youtube を活用した自社ブランディングセミナーを開催しました。
消費税改正のポイントと留意点、増税にともなう影響、自社ブランディングによる集客力・顧客単価アップを図り増税に対処する方法を研修しました。

ブログは何故、アメーバブログより自社サイトのブログが有利であるか?

facebookのデメリットは?

SEO業者に丸投げしてホームページはなぜ検索ランクが下がっているのか?

など 多数の質問がでましたがいずれも丁寧に説明していただきました。

SNSを活用した自社ブランディングを詳しく見る

経済講演会「活き活き清水町への期待」

清水町町制施行50周年記念

経済講演会「活き活き清水町への期待」

平成25年11月4日 午後6時から清水町地域交流センターで開催されました。

20131104semi1.jpg

 講師 岩崎 清悟 氏  静岡ガス(株)代表取締役会長

経済講演会「活き活き清水町への期待」を詳しく見る

知的財産権個別相談会

知的財産権個別相談会

無料相談・秘密厳守

この相談会は、知的財産の意識が十分でない地域中小企業等を主な対象に、知的財産活用を促進することを目的にして、特許権・実用新案権・意匠権・商標権等の出願及び登録方法、また、それらの侵害への対応など、知的財産権に関する様々なご質問・お悩み等に対し、知財専門家が個別でお応えします。この機会にお気軽にご相談くださいますようご案内申し上げます。

1.開催日時:平成25年9月25日(水)午前10時から午後4時(休憩時間:正午から午後1時)
※ 相談時間は1事業所30分から60分が目安です。

2.開催場所 清水町商工会1階相談室

3.相談員 知的財産権指導員(弁理士、特許流通コーディネーター等)

4.締めきり 予定されている相談時間枠がなくなり次第締め切らせていただきます。

5.申込方法 商工会員: 郵送する知的財産権個別相談会開催案内の申込書をご利用ください。

商工会員以外: 電子メールにて申込書送付先(事業所名、住所)をお知らせ下さい。申込書をお送りします。

お問い合せ 清水町商工会 TEL 055-975-6987(月-金 8:30-17:00) FAX 055-971-4223

知的財産権個別相談会を詳しく見る

ふじのくに広域ビジネス商談・販売会2013

ふじのくに広域ビジネス商談・販売会2013

平成25年9月20日(金)21日(土)キラメッセぬまづでふじのくに広域ビジネス商談・販売会2013が開催されました。
静岡県東部地域の食・B級グルメ・地域ブランド・サービス約160社が集合し、大販売会を行いました。
 


 

 

 

ふじのくに広域ビジネス商談・販売会2013を詳しく見る

11/28「自衛隊員が見た、感じた、東日本大震災」

若手後継者育成事業講習会
地域防災「自衛隊員が見た、感じた、東日本大震災」
paneru.jpg自衛隊災害派遣の実態から学ぶ自助・共助の重要性

「大切な家族、そして自分自身が生き残る為に今、何ができるか。」

講師 陸上自衛隊 板妻駐屯地 第34普通科連隊
広報幹部 吉田 隆仁 氏

平成24年11月28日(火)午後7時から裾野市民文化センター多目的ホールで開催されました。
陸上自衛隊 板妻駐屯地 第34普通科連隊 連隊長 斉藤兼一 氏 より、自衛隊組織の説明があり、広報幹部吉田隆仁 氏より、自衛隊災害派遣の実態について、また、自助、共助の重要性についてご講演を頂きました。
また、会場参加型のパネルディスカッションでは、持出袋の中身や、緊急の連絡先の確認などさまざまな意見が出ました。以下は、吉田氏及びパネルディスカッションの中で出た「自分の命は自分で守る。」ためのヒントです。


・自分の命は自分で守る。(3日間 水は生命線。食糧。)
・昼間は、中学生を活用する。(校区が地元)
・各自で簡易トイレを準備する。・・・被災地では、特に女性がトイレに苦労していた。
・持出し袋の中に靴を必ず入れる。家の中が硝子の破片で歩けなくなる。
・持出し袋は、手の届くところに置くのがベストと考えている。玄関に置くということもある。
・水は最低(飲む分)でも1日1人1L。2Lあれば口をゆすいだり、手を拭くことができる。
・防災袋は、家族1人づつ用意する。子供は子供の、お年寄りはお年寄りの用意が必要であり、それぞれ必要な物を用意し、各自が持てる大きさにする。小さい子供の持出袋の中には家族の写真を入れておくなどはぐれた場合に備える。
・3ヶ月毎に中身のチェックをする。夏と、冬では準備する物がちがう。季節毎に入れ替える。
(夏には虫除けなど、冬には防寒対策)
・車にも持出袋を置いておくとよい。自動車の運転中に被災することも想定する。
・医薬品の支給はほとんど受けられないので、持病のある方は薬を持ち出し袋に入れておく。
また、病院も被災しカルテがなくなるので、お薬手帳を持ち出し袋に入れておくことで、カルテがなくても薬の支給を受けることができる。
・家族の連絡手段を決めておく。
・情報が入らないと行動がとれない。電池式や発電機付きのラジオを備えておくこと。
  ・携帯電話、スマートフォンなどの通信インフラも被災することが考えられる。安否確認の手段を決めておく。
災害伝言ダイヤル171番などを利用する。

11/28「自衛隊員が見た、感じた、東日本大震災」を詳しく見る

地域活性化セミナー「人々の訪れるまちは活性化する!」

地域活性化セミナー
「人々が訪れるまちは活性化する!」
~賑わいを創り出すための仕掛け~

 townsemi3.jpg

平成24年10月26日(金)
午後6時から 清水町商工会館1階研修室で、「人々が訪れるまちは活性化する!」~賑わいを創り出すための仕掛け~
をテーマに、地域活性化戦略研究所 所長 花井 孝 先生を講師に地域活性化セミナーを開催しました。

・内  容

  1. 交流人口を拡大させるための視点
  2. 情報発信させるための戦略とは
  3.  全国各地の先進事例(特産品、観光、地域ブランドづくりほか)

地域活性化セミナー「人々の訪れるまちは活性化する!」を詳しく見る

11/5講習会:静岡県東部地域外国人観光客誘致戦略

清水町商工会青年・女性部合同講習会
「静岡県東部地域外国人観光客誘致戦略」
講師 許 奕雷 氏 日本大学国際関係学部講師

平成24年11月5日(月)19時から、清水町商工会館2階会議室で開催されました。青年部・女性部員を中心に、清水町役場地域振興課、清水町観光協会、商工会観光部会、近隣青年団体より40名が聴講しました。
 121105semi.jpg

11/5講習会:静岡県東部地域外国人観光客誘致戦略を詳しく見る

10/3知的財産権個別相談会開催

特許等取得活用支援事業
知的財産権個別相談会開催のご案内

この相談会は、知的財産の意識が十分でない地域中小企業等を主たる対象に、知的財産活用への「気づき」を促し、自社の持つ有用技術等を発掘することにより、知的財産活用を促進することを目的に、特許権・実用新案権・意匠権・商標権等の出願及び登録方法、また、それらの侵害への対応など、知的財産権に関する様々なご質問・お悩み等を弁理士または知財専門家が、相談無料・秘密厳守にて個別にお応えします。

主催:(社)静岡県発明協会・沼津地域産業振興協議会・清水町商工会

10/3知的財産権個別相談会開催を詳しく見る

2/6講演会 「やり方を変えることが経営革新」

yatagai.jpg長泉町・清水町商工会工業・建設部会合同講演会・会員交流会

テーマ:「やり方を変えることが経営革新」

講 師: 谷田貝 孝一 氏

開催日時 平成24年2月6日(月) 講演会 終了しました

開催場所 清水町商工会館2階会議室
(所在地:静岡県駿東郡清水町玉川151)

聴講 商工会員無料 

 

会員交流会: 講演会の後に会員交流会を開催します。軽食、飲み物を用意します。
場所: バッカスのへそ  交流会参加負担金 1名3,000円

お申し込み: 1月25日までに清水町・長泉町商工会いづれか所属の商工会へお申し込みください。
(工業・建設部会員には、ご案内を郵送してあります。) チラシ・申込書pdf

 「こんなやり方もあるのか?」目からウロコのその仕組みを包み隠さず公開!
栃木県の小さな町で自動車板金塗装業を営む谷田貝氏。工場や工具類を一般客に貸し出し、お客様が自分で修理する「世界初のレンタルガレージサービス」を開発。また谷田貝氏が代表を務める、町の職人グループで立ち上げた「ものづくり工房アンテナショップ」の販路作戦も今までに例のない手法として注目され、NHK教育テレビなどで紹介される。このユニークな2つの販促手法について自慢話ではない、泥臭い実践事例を公開します。
 


2/6講演会 「やり方を変えることが経営革新」を詳しく見る

商工会事業

 商工会は、主として町村における商工業の総合的改善発達を図ることともに、社会一般の福祉の増進に資することを目的として、法律に基づき設立された「特別認可法人」です。商工会は、全国の市町村に2,800余りが設立されており、商工業者の経営支援や地域の活性化を図るための様々な活動を行っています。

経営改善普及事業

 商工会が行っている「経営改善普及事業」とは、小規模企業の経営や技術の改善発達を図るための事業で、金融・税務・経営・労務・取引などの相談・支援を行うものです。また、商店街の近代化やむらおこし事業など、地域の活性化のためにさまざまな取組を行っています。この事業には国と都道府県の補助金が交付されており、秘密厳守、原則無料にて相談・支援を行っておりますので、安心してご利用ください。

 1)経営支援・経営革新支援
商工会では事業経営に関するさまざまな相談にお答えします。 

2)創業支援  
新規開業・独立開業に関するさまざまな相談にお答えします。

3)金融相談
資金計画の相談や日本政策金融公庫など安心で低利な融資の斡旋を行っています。

4)税務・経理相談
記帳を正しく理解し、帳簿の数字に基づく近代経営を推進していただけるように記帳から決算まで一貫した継続指導を行っています。 

5)経営相談
仕入、生産、販売、市場調査等についての相談や専門家による店舗診断、工場診断を行っています。

6)労務相談
労働保険事務組合による労働保険の事務代行や、労働に関係する相談にお答えします。 

7)取引相談
販売先や仕入先の新規開拓や、下請けの斡旋を受けたいときご相談にのります。

8)各種共済  
中小企業者の経営と生活安定のために、各種共済制度が設けられています。 

9)その他
経営に関する講習会、研修会の開催。相互扶助・親睦や情報交換・福利厚生等社会福祉活動、地域課題に対する調査研究活動を行っています。 

商工会が行っている相談・支援は

  •  原則として無料
  • 小規模事業者であれば、商工会会員・非会員の区別なく相談にのります。
  • 知り得た秘密の厳守

という3つの原則の下に実施しています。 

 

商工会事業を詳しく見る