柿田川湧水群一覧

三島梅花藻の里

三島梅花藻の里

三島梅花藻の復元・育成を目的に造られた三島市内にある増殖基地。三島市民のボランティアにより、常時手入れされており、三島梅花藻の花が近くに見られる貴重なスポットです。

三島梅花藻
H25.7.7撮影

三島梅花藻の里

湧水のシャワー
湧水のシャワーで花が枯れるのを防いでいます。

三島梅花藻の里を詳しく見る

柿田川公園 湧き水の風景


柿田川公園 湧き水の風景

サムネイル画像をクリックすると元サイズの画像が表示されます。

dai1tenbou.jpg
柿田川公園 第一展望台 (4.7M)

dai2tenbou.jpg
柿田川公園 第2展望台(1.3M)

hunatukiba2.jpg
柿田川公園遊歩道 船着き場付近(2.8M)

柿田川公園 湧き水の風景を詳しく見る

センニンソウ

senninsou1.jpg柿田川遊歩道のセンニンソウ

センニンソウを詳しく見る

イヌダテ

inudate1.jpg柿田川遊歩道のイヌダテです。

イヌダテを詳しく見る

彼岸花

higanbana1.jpg柿田川遊歩道周辺の彼岸花。

白い彼岸花も時々見かけます。 

彼岸花を詳しく見る

あざみ

azami1.jpg柿田川遊歩道に咲くあざみの花

あざみを詳しく見る

柿田川の魚類

鮎  11月下旬から12月上旬頃に柿田川上流部の砂礫に産卵のため遡上します。

ayu.jpg

柿田川の魚類を詳しく見る

柿田川のトンボ・昆虫

柿田川の流域には、18種のトンボが生息していると言われています。柿田川は夏涼しく、有機物を含んでいない水がトンボの生育に好条件となっています。同じトンボでも柿田川では、長期間にわたって観察できるのが、特徴です。また、トンボの他にも、蝶々や水すましなど様々な昆虫が観察できます。

柿田川のトンボ・昆虫を詳しく見る

三島梅花藻

baikomo.jpg柿田川を代表する植物の一つで、淡い黄色の花が、梅の花に似ているため、この名前がつきました。 

三島梅花藻を詳しく見る

翡翠

kawasemi1.jpg☆翡翠(カワセミ)仏法僧目カワセミ科
柿田川のマスコット的存在です。全長約17センチ。「渓流の翡翠(ヒスイ)」と呼ばれるコバルトブルーの美しい鳥です。水辺の枝から、また水面上をホバリング(停空飛行)してから、矢のように水に飛び込んで長いくちばしで魚を捕らえて食べます。清水町の鳥に制定されています。 

翡翠を詳しく見る

柿田川の自然

柿田川の動植物たち、柿田川の清流バロメーターです。上流部に可憐に咲くミシマバイカモ、県内では柿田川だけにしか見られないアオハダトンボ、渓流のヒスイと呼ばれるカワセミ、ヤマセミ、水辺に群生するセリなど、すばらしい自然がここに生きています。 

柿田川の自然を詳しく見る

柿田川公園へのアクセス

柿田川公園へのアクセス 自動車、公共交通機関

柿田川公園へのアクセスを詳しく見る

清水町観光ボランティアガイドの会

柿田川公園を中心に活動しているボランティアガイドの会です。

清水町観光ボランティアガイドの会を詳しく見る

柿田川第1展望台

国道一号線の真下から湧き出す柿田川の最上流部(起源)にあります。カワセミが時々訪れます。

柿田川第1展望台を詳しく見る

柿田川遊歩道

柿田川公園には、遊歩道が整備されてます。30~40分程度で一周廻れます。川は道路より低い位置にありますので、階段の上り下りがあります。

柿田川遊歩道を詳しく見る