柿田川の生い立ち

柿田川の生い立ち

柿田川がどうしてできたかは、富士山の生い立ちから入っていかなければなりません。今からおよそ2,500万年前ごろから1,500万年前ごろにかけては、富士山の姿はなく、太平洋の波が打ち寄せていました。海底から火山が爆発して、山梨県の御坂山地や箱根山、愛鷹山ができました。
その後、今から200万年前ごろから小御岳火山、そして2万2千年前ごろ古富士火山が、1万年前から現在の富士山が噴火して、何回もの噴火を繰り返しながら、今のような美しい富士山が生まれたのです。
今から8,500年前の爆発は、大量の溶岩を噴出しました。この溶岩は箱根山と愛鷹山にはさまれた、狭い谷間を流れ、三島市やこの柿田川上流部までやってきました。これが「三島溶岩流」と名付けられたものです。
三島溶岩流は、水を通しやすい多孔質の層で、その下の古富士火山の表層は水を通さないため、富士山や御殿場地方に降った雨や雪は地下水となって流下し、三島市やこの柿田川で地表に「わき水」となって現れます。このわき水の規模の大きいのが柿田川で、そのほか三島市内の菰池、小浜池、水泉園や清水町の丸池などがあります。
yougan1.gif

yougan.gif 湧水群の生い立ち
「富士山は巨大な水タンク」です。富士山に降った雨や雪は新富士特有の火山灰、礫の地下に潜り、古富士の固い溶岩の不透水層で止まり貯留され、水を通しやすい多孔質の三島溶岩流の中に流れ込み地下水となって流下し、三島市やこの柿田川で地表に「湧水」となって現れます。

出典 清水町「柿田川」パンフレット